総量規制オーバーでも借りれるのは銀行のカードローン

銀行カードローンは対象外なので借入できます 年収の3分の1を超えても借入できる可能性があるのは銀行のカードローンです。

かつては消費者金融のカードローンが審査も早く利便性が高いとされていましたが、債務をたくさん抱える人が増えたことが、社会問題になりました。

多重債務者を減らす対策として、お金を借りる人が借金を増やしすぎないように、借り入れ制限を定めることにしました。

これがいわゆる総量規制と呼ばれるもので、総量規制によって年収の3分の1を超えてお金を借りることができなくなりました。

総量規制の対象となるのは消費者金融です。総量規制でも借りられる消費者金融は基本的になく、年収の3分の1を超える新たな借り入れはできません。

たしかに総量規制が実施されるようになってから多重債務者は減りましたが、なかには返済能力があるにも関わらず、借り入れ金額が制限されることにデメリットを感じる人もたくさんいます。

そういう人たちが総量規制オーバーで借りるためには、銀行に申し込むべきです。

総量規制は貸金業者に適用される法律で、そもそも銀行は貸金業者ではないので、総量規制の対象でもありません。

なので銀行なら総量規制オーバーでも借りられる可能性があるんです。

総量規制で定められている年収の3分の1を超えてもお金が借りれる銀行カードローンをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

総量規制オーバーでも借りれる銀行の審査について

口元に指を添える女性 カードローンを利用する際に、どうしても避けられないのが「審査」です。
どの金融機関でも、審査によって利用者の「返済能力」を確認しています。

その数多くあるカードローンの中で、総量規制オーバーでも借りれる銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも審査ハードルが高めといわれていますが、総量規制対象外なうえ金利も低いため人気があります。
では、どうすれば総量規制オーバーでも借りれる銀行カードローンの審査を通過できるのでしょうか。

審査のポイントは、「返済していくための安定した収入があるかどうか」です。
毎月決まった額の収入がある会社員や公務員はもちろんのこと、自営業やフリーランス、アルバイト、派遣の人でも毎月安定して収入があれば、それが少額であっても返済能力があるとみなされます。

更に会社に何年勤めているかも、収入に大きくかかわるため重要な審査対象となっています。
大企業と中小企業なら大企業の方が安定収入あり・・と思われがちなのですが、一概にそうは言えません。たしかに大企業の方が信頼性はあるのですが、まだ入社してあまり経っていないときだと、勤続年数があまり長くないと判断されかねません。

勤続年数とは、働いている会社での在籍期間のことです。勤続年数が長い人は生活が安定していることに加え、昇給などで高い給料をもらっていると判断されます。
反対に勤務年数が短い人は、「使用期間中ではないか」「すぐに会社を辞めてしまわないか」などの不安要因が見え隠れするため、安定収入を得ている・・という判断にはならないのです。

たとえ大企業に在籍していなくとも、勤続年数が長ければ、審査に通る可能性は十分あるということです。

勤続年数は審査にとって重要な項目のひとつではありますが、審査そのものは申し込み者の様々な情報を総合的にみてOKかNGの判断をします。
銀行カードローンは低金利かつ総量規制オーバーでも借りれるとても魅力的な商品なので、選択候補に是非加えてみてくださいね。

総量規制オーバーで借りるときのポイント

ポイント 総量規制でも借りれる消費者金融はないため、総量規制オーバーでお金を借りたいときは銀行カードローンです。
その利用についてのポイントをいくつかご紹介します。

○WEBでの申し込みが便利

最近ではどの銀行もカードローンの申し込みはWEB対応できるようになっています。
もちろん窓口・電話でも対応はしていますが、PCやスマートフォンなら、時間や人目を気にすることなく申し込みができますので、窓口や電話に比べるとより便利な方法です。
いつでも・どこからでも、申し込みが可能です。

○低金利で利用限度額は低め

銀行カードローンは金利が消費者金融よりも低く設定されており、借りたお金をすぐに返済できれば、余分なお金(利息)はほとんどかかりません。
また、銀行なら専業主婦でも借入ができるのですが、専業主婦が借りられる上限は30万~50万に設定されていることが多いので、返済時の負担もさほど大きくありません。

○申し込みの際は間違えずに入力を

WEBで申し込みをするとき、個人情報の入力が必要です。
そのときに自分の情報だけではなく、配偶者の年収(※配偶者の年収を申告する際に、配偶者の同意は不要です)や現在の借り入れ状況等も入力します。
銀行はこの情報をもとに審査をするため、必ず情報は正直に申告しましょう。
※虚偽の申告をしたとしても、すぐにばれて審査に通らなくなります。
※入力ミスでも虚偽の申告とみなされる場合があるので注意しましょう。

○計画を立てて利用することが大切

何でもそうですが、あらかじめ計画を立てておくと準備や手配がしやすいですよね。
お金を借りるときも同じです。
カードローンも計画を立てて利用すれば余分な出費を減らすことも可能です。
カードローンを利用することで気持ちも豊かになる生活を手に入れてください。

なかには、「総量規制でも借りれた」と言う人がいますが、それはおそらく中小金融のおまとめローンのことでしょう。おまとめローンは総量規制の例外にあたるからです。

総量規制は貸金業法で定められていて、消費者金融などの貸金業者はこの規則を守る義務がありますので、もしおまとめローン以外で、総量規制でも借りれたのであれば、それは悪徳な貸金業者である可能性があります。

お金を借りるならあまり聞いたことのない中小金融よりも、CMなどで知名度のあるカードローン会社の方が安心ですよね。借入希望額が大きければなおさらです。

カードローンなら誰にもばれずにお金が借りれる!

何かでお金が必要になった際に十分な貯金や資産があれば、そこから必要なお金を賄うことができると思いますが、そうでない場合はどうにかしてお金を工面する必要が出てきます。

その際に身内からお金を借りるという選択肢や友人や知人からお金を借りるという選択肢もあります。

ですが、お金に関するトラブルというのは近い関係であればあるほど起こりやすいと言われており、またトラブルが起こった場合は泥沼化しやすいという特徴があるため、できるなら身内や知人からお金を借りるのは避けたいところだと思います。

そんな時に便利なのが銀行や消費者金融、信託会社などが提供しているカードローンと呼ばれるローンサービスです。

このローンを利用することによって必要な金額を必要なだけ借りれるため、何かでお金が必要になった場合でも安心して借りることができます。

最近では、スマートフォンを使ったWEB申込が可能で、身分証明などの必要書類も撮った画像を送るだけで来店の必要もなく、誰にもばれずにカードローンの申込ができます。

お金がどうしても必要になった時、秘密で借入ができる強い味方なのです。

カードローンを使うにあたって注意することは

カードローンを利用するにあたり、注意すべき点をお伝えします。
これらを参考にカードローン選びに役立てて下さい。

○総量規制というルールがある

カードローンを取り扱っている企業は色々とありますが、銀行以外の「貸金業」を営んでいる会社は「貸金業法」にのっとって営業しています。
その中で、総量規制というルールがあるのですが、これは利用者の年収3分の1までしか融資してもらえないルールです。
これは、1社で借りる金額だけでなく複数社での利用であってもトータル年収の3分の1以上になる場合は新規での借入れが出来なくなりますのでご注意ください。
一方銀行は「銀行法」にのっとって営業しており、総量規制のルールは関係ないので、年収3分の1以上でも借入ができます。

○借りる前に返す計画を立てる

今では誰でも気軽に簡単にキャッシングできるので、ついつい「お金を借りている」と言う感覚が鈍くなる方が多いようです。
借りたら返すのは当たり前のこと。
返済できないくらいの借入れに膨らんでしまうと、多重債務整理→自己破産になりかねません。
キャッシングする際は、何の目的でいつ返済するかをきちんと考えてから利用されることをお勧めします。

○自身の現状把握を大切に

カードローン審査では、提供した個人情報をもとに、現在の借入れ状況や過去の借入れ記録および事故状況(返済に滞納した、返済遅延をおこしたなど)を確認します。
現状として借入れが多かったり、過去の返済に事故状況があった場合は、審査に通過しない可能性が高くなります。
一度ご自身の過去・現在をみなおし、お金を借りても返済できることを確認してからカードローンの利用を考えましょう。
申し込む際に相談してみるのもいいかもしれませんね。

○金利の見方を誤らないように

カードローンの広告には必ず金利表示がされています。
○%~○%と書かれていますが、これはそのカードローンの下限金利~上限金利の表示になっています。
しかし、初回利用で適用される金利はほとんどが上限金利になります。
まちがって下限金利でカードローンを選んでしまうと、のちのちの利息負担に悩むことになりかねません。
カードローンを選ぶ際は上限金利で比較するようにしましょう。
銀行カードローンは消費者金融に比べ、比較的金利は低く設定されています。

このページの先頭へ