総量規制とは

電球のイラスト少し昔にお金を借りたことがある人の中には、総量規制という言葉を知らない人もいるかと思います。
 
それはそのはずで総量規制と呼ばれる規制が施行されたのは2006年からです。
 
まだまだ歴史が浅い規制となっていますが、この総量規制というのは借り入れ制限のことで、年収の3分の1を超えての借り入れをしてはいけないというのが基本的なルールとなっています。
 
ただし総量規制と呼ばれる規制は、基本的に賃金業法という法律に適用される規制となっており、対象となるローンはカードローンやキャッシングなど小口融資がメインとなっています。
 
賃金業法が適用されるのは消費者金融や信販会社なので、基本的には銀行法が適用される銀行は総量規制対象外のカードローンとなっています。
 
そのため、自分が総量規制に関わってくるという場合は総量規制対象外のカードローンを狙う人もいますが、残念ながら総量規制対象外のカードローンであっても、誰もが利用できるというわけではありません。
 
また、年収の3分の1の借り入れというのは一社に対しての借り入れではなく、複数の借り入れ先がある場合はそれぞれから借りている合算の金額になってくるため、借り入れ先が何カ所かある場合は新規での借り入れが難しくなってきます。
 
基本的に多重債務者を減らすために施行されたルールであることから、これを遵守することによって多重債務のリスクは軽減することができるのですが、闇金などから新規で借り入れるケースもあるので別の問題もあります。

このページの先頭へ